クレジットカードのしらべ

自分にぴったりのカードの選び方

クレジットカードを選ぶ際には、現在のライフスタイルと支出習慣について考えましょう。あなたが最もお金を使うものは何でしょうか?例えば、あなたが旅行好きなのであれば、航空関連の便利な特典が付いたクレジットカードが恩恵を受けやすいとも言えます。

クレジットカード特典の使い方を計画する

クレジットカードには割引やポイント、マイレージなどの付加価値が存在し、どのカードがどのような付加価値があるのか決まっています。自身の消費を照らし合わせ、自分が最も利用するサービスを対象とした付加価値のカードを選択することが、最も恩恵を受けることでしょう。

・マイルを貯めて今後の旅行に利用しますか?
・それとも買い物券のポイントを貯めますか?
・それとも割引を利用しますか?

いずれにしても、あなたが最も利用しやすい特典を選ぶことが大切です。例えば近所のスーパーを頻繁に利用しているのであれば、そのスーパーが発行している提携カードを選ぶことで、よりポイントが貯めやすく、割引などの優遇も受けられる可能性があります。

提携カードでよりお得に買い物を楽しむ

クレジットカードの申込み方法はインターネットや店頭などで行いますが、家電量販店やスーパーマーケットなどの店頭で申請可能なクレジットカードのほとんどが、「提携カード」と呼ばれるものです。「提携カード」は各企業や団体が、決済システムを提供しているVisaや、MasterCard、JCBなどの「国際ブランド」と呼ばれる企業と提携して発行しているクレジットカードです。

「提携カード」は申請を受け付けた法人や団体のサービスに特化した特典があり、例えば、毎月〇〇日は何%割引、発行したスーパーマーケットでのカードの利用でポイント割増などのサービスを受けることができます。「提携カード」であったとしても、カードに印刷されたVisaや、MasterCard、JCBなどの国際ブランドが。、発行会社以外のお店でも合致していれば、発行会社以外でのカードの利用ができ、基本となる付帯サービスも受け取ることができます。

手数料も比較しよう

クレジットカードの使い道をまとめたら、最も利用したい方法で手数料がどれくらい発生するのか比較しましょう。クレジットカードには使い方によっては手数料が発生する場合があり、カード会社やクレジットカードのグレードによって手数料の有無、価格が変わります。自分が最も利用するであろう使い方で、手数料の負担がより少ないほうが得をしやすいでしょう。また、キャッシングを利用する予定があるのであれば、利息の支払いを最小限にするために低金利のクレジットカードを選ぶべきです。

カードの利用規約も確認しよう

様々なクレジットカードの中から候補が選択できたら、今度は、そのクレジットカードの規約を詳しく調べましょう。有効期限、最低費用、利用限度額などの利用規約についてできる限りすべてを確認してください。自分の問いへの答えがどこにも表示されない場合は、必ずカード会社に尋ねましょう。

他の記事を読む