クレジットカードのしらべ

クレジットカードの特典を最大限に生かすために

クレジットカードの広告を見ると、「〇〇での利用で50%割引」、「海外マイレージ2倍加算」、「対象とした利用でキャッシュバック 」など様々なフレーズを確認することができます。 クレジットカード会社は顧客を獲得するためにポイント、マイル、キャッシュバックや割引など様々な特典を提供していますが、記載されたプロモーションフレーズをそのまま信じて、クレジットカードを登録すると、本人の傾向と一致していない特典である場合もあります。 クレジットカード選びを失敗しないために、クレジットカード会社が提供する利点を分析して、自身に最適な利益を見つけることができるようにしましょう。

各特典の違い

ポイントや、マイル、キャッシュバックはクレジットカード会社が提供する主な利点です。 これらはクレジットカードの消費に比例して提供されます。一見にていますが現金転換の成果の使用方法に応じて、大きな違いがあります。

ポイント

ポイントは、おおむね、クレジットカード、消費量に比例最も高い利益率を提供し、様々な場所で使用可能であるという利点があります。 注意すること点は、特定の加盟店でのみ1ポイント=1円の割合で使用可能であり、ポイントをマイレージへの移行時に価値がそれ以下に低下することがあります。 したがって、この利点は、ポイント提供先での消費が高い方に最適です。

マイレージ

マイレージは旅行関連の特典が優れているという利点があります。 一般的に、無料航空券、割引航空券、座席グレードアップなどのサービスを受けることができます。また、いくつかのカードの場合、提携先のポイントへの交換も可能な場合もあります。

キャッシュバック&割引

キャッシュバックと割引は便利であるという長所があります。 一般的に、この利点は、使用量の一部を直接割引してくれるので利益を常時受けることができます。 しかし、ほとんどの場合、利益率が最も低いので利便性を重視する方に最適です。

選択前の考慮事項

ポイントとマイレージの場合の特典率が高い方におすすめですが有効期限がある場合があります。 つまり、いくら大量の利点を獲得しても、一定期間が経過すると失効してしまうため、継続的に使用する必要があるという不便さがあります。 特にマイレージの場合旅行頻度が低い方には実用的ではありません。 一方、キャッシュバックと割引の場合は、使用時に特典がすぐに適用されてるため利便性に優れています。

注意する点は、検討しているクレジットカードが自身に適した利益率を提供することか確認することです。 たとえば、特定のカードが外食先10%の高い利点率を提供しても普段の家で食事をされる方は、この利点を最大限にするのは困難です。 むしろ利益率が低い場合でも、頻繁に利用する提供元がある場合には、自身の消費傾向により適しているため、より高い利益を得ることができます。

他の記事を読む