クレジットカードのしらべ

クレジットカードの賢い管理方法

クレジットカードは代金の支払いに便利な決済手段ですが、誤った使い方は時に代償を払う場合があります。ここではクレジットカードを利用する上で、損をしない管理方法についてまとめています。

クレジットカードの明細書を確認する

毎月の明細書を確認する最善の方法は、クレジットカード決済した際の領収書を全て保管し、毎月明細書に記載されている料金と照合することです。買ったものに対し正しい金額が請求されたこと、そして購入していない物に対して請求がされていないことをチェックするためです。

少額であるほどつい捨ててしまう領収書ですが、領収書を保管しなくても、クレジットカードの明細書で注意すべき異変を確認する方法はいくつかあります。

・知らない会社や団体からの請求
・多額の請求
・重複料金

覚えのない記録がある場合は、直ちにカード会社に連絡しましょう。

クレジットカードの支払いは期限通りに

クレジットカードの明細書を受け取ったら、支払いの期日を確認し、期日通りに支払いましょう。支払いができなかった場合、遅延損害金が発生したり、信用情報にその旨が記録されてしまいます。

適切な限度額の上限を設定し、返済可能な金額よりも多く使用しないこと

クレジットカードの便利な要素の一つとして、その時点で所持している金額よりも多くのお金を利用可能であることですが、これは計画的に支払いができることが前提であり、期日までの支払いができない時点でクレジットカードの利点が損なわれます。
限度額はそのクレジットカードで買い物ができる金額の上限です。限度額を自身に合った上限にすることで返済できなくなってしまうというリスクを回避することができます。もし使い過ぎが気になるようでしたら、限度額の上限を減らしてもらうようカード会社へ連絡しましょう。

キャッシングは利用しない

予想外の緊急事態が発生した場合以外はキャッシングの利用は避けましょう。クレジットカードのキャッシングは、審査が通れば何度でも利用できるローンですが、安易な利用は借金の悪循環を招く場合もあります。また、キャッシングの利息は他のローンと比べ非常に高く設定されているため、最終的な出費は現金よりもはるかに多くの金額となってしまいます。

提携カードを上手に使う

もし特定の小売業者で定期的に買い物をするならば、その店の提携カードの取得を検討しましょう。これらのクレジットカードで支払いをすると、そのストアで買い物した場合には他のクレジットカードよりもポイントが貰える場合があり、割引やその他の特典も受けられる場合があります。

カードを定期的に見直すこと

収支習慣が変わるとクレジットカードの利用目的も変わることがあるかもしれません。クレジットカードを最大限に活用するために定期的に見直すことも一つの手段でしょう。また、カード会社が提供する付帯サービスも変化するため、自身にとってより価値のあるクレジットカードをチェックしましょう。

他の記事を読む