クレジットカードのしらべ

クレジットカードを海外で使うための予備知識

クレジットカードが対応している国際ブランドと、利用目的のお店が加盟している国際ブランドが合致していれは、例え海外であっても利用できます。国によっては加盟店が多い国際ブランドが異なるため、あらかじめ、利用予定の国を定めておくのがよいでしょう。

海外でクレジットカードを使用しても安全ですか?

海外でクレジットカードを使用しての決済は、日本と同じくらい簡単です。ただし、カードがコピーされる危険性に注意する必要があります。海外のPosデバイスは、国によって異なり、あなたのカードはいくつかの方法でコピーされる危険性があります。クレジットカードでの支払いは一時的にカード会社から借りるため、明細書の確認を疎かにしがちですが、海外で利用した場合は特に注意していつもよりも詳しく確認することをおすすめします。また、 クレジットカードの限度額上限が高い場合は、セキュリティのために限度額の上限を引き下げることもリスクを軽減するための優れた解決策になる可能性があります。

もし万が一あなたのカードが海外でコピーされ、見覚えがない利用履歴があることに気付いたら、すぐにカード会社に電話をすることでその旨を申し立てることができます。これ以上の被害の拡大を防ぐためにあなたのクレジットカードは直ぐ様利用停止されます。カード会社の調査によって、あなたがカードを利用していないことが明らかになったとき、カード会社によって損害をカバーしてもらえることでしょう。

海外の銀行のATMを使ってクレジットカードからお金を引き出すことができますか?

海外でATMを利用しての現金引き出しについては、カードの発行会社によって異なります。同じ国際ブランドであれば特に気にすることなく利用できる場合や、発行会社側へ利用意思を伝え設定が必要である場合など様々です。利用可否については一概に言えないため、利用予定があるのであれば発行会社へ確認しましょう。

海外での利用で発生する手数料

日本で発行したクレジットカードを海外で利用するにあたり、日本国内での利用とは異なり、いくつかの手数料が発生します。1つは必ず発生するのがカード会社へ支払う手数料(国際取引手数料)です。2つ目は日本円以外での通貨で取引された場合に発生する手数料(通貨換算手数料)です。国際取引手数料については、事務手数料のようなものであり、費用は国際ブランドやカード会社によって異なります。また、通貨換算手数料は為替レートに基づき国際ブランドが定めたレートが設定されており、国際取引手数料とは異なり変動します。

これら手数料は各国際ブランドやカード会社によって異なる手数料です。 頻繁に海外での利用を予定している方であれば、各カード会社で公表されている詳細な情報を学ぶことを勧めます。

他の記事を読む