クレジットカードのしらべ

クレジットカードの特徴について

クレジットカードはその場での支払いを信用取引で行える支払い手段です。カード会社から与えられた毎月の限度額の範囲内で、クレジットカードでの支払いを行うことができます。もちろんカード会社が一時的に立て替えたお金のため、利用した金額は返済しなければなりませんし、もし返済しなければ利息が発生してしまいます。また、クレジットカード決済ではポイントなど様々な付帯サービスを受けることもできます。

クレジットカードの長所と短所

クレジットカードは、大量の現金を持ち運ぶ必要もなく、万が一財布を盗まれたり落としたりしても、現金を失うことはありません。また、利用金額に応じてポイントやマイルを獲得できたり、キャッシュバックなどの恩恵を受けることができます。

支払いには分割払いも選択できるため、高額な商品を購入した時ほど、よりゆとりある支払いをすることができます。

さらにキャッシング機能によりキャッシング枠の範囲に限り、ATMから現金を引き出すことができます。キャッシングはショッピングでの利用と異なり、ATMから引き出した時点より利息や手数料が発生し、返済時にはカード会社が定めた範囲での分割での支払いが可能です。利用には事前に申込する必要がある場合があり、ショッピング枠とは別に審査が行われます。審査に通ればキャッシング枠の範囲であれば何度でも利用できるという特徴があります。

その反面、クレジットカードはその使いやすさから、人によっては浪費してしまう可能性もあるようです。カード会社が定めた支払期日が守れなかった場合、遅延損害金という利息が発生し、さらに信用情報にその旨が記載されるなどの影響が出てしまいます。

クレジットカードで利用可能な金額について

カード会社は、カード所持者に対し利用可能な金額を設定しており、これを「限度額」と言います。限度額は収入や信用情報、利用実績などに基づき算出され、正しく利用し続けることで不定期に上限を増やすことができます。

クレジットカードで発生する利息について

クレジットカードはリボ払い、分割払い、キャッシング、支払いの遅れなど、利用方法や状況によって利息が発生します。利息は利用した残高をカード会社へ全額支払った時点で完全に消えます。クレジットカードを利用するにあたり、利息が発生する機能を活用する機会が多いのであれば、より金利が低いクレジットカードを選択することで、コストを抑えることができるでしょう。
また、一部のクレジットカードでは、リボ払いや分割払いを利用した際、一定期間内で全額支払うことで、無金利もしくは低金利での利用が可能なキャンペーンなどを実施していることもあるため、計画的に利用することで利息の負担を減らすことができます。

クレジットカードが不要になった場合の対応について

クレジットカードは必要に応じて機能を停止させることができます。停止や解約方法は非常に簡単で、カード裏面記載のコールセンターに連絡することで手続きが可能です。カードを紛失したり盗まれたりした場合も、同じように電話することで対応してもらえます。

他の記事を読む