クレジットカードのしらべ

クレジットカードで発生する手数料について

クレジットカードを利用するためには、定められた手数料を支払う必要があります。クレジットカードのグレードや取引の種類などによって手数料の有無や料金が異なりますが、いずれにしても手数料は所有者の負担となるため、どのような場合に発生するのかを十分に把握しておく必要があります。

年会費

年会費はクレジットカードを所持する特権として毎年支払う料金です。年会費無料のカードも存在しますが、一般的に年会費が発生するカードは無料のカードよりも特典の価値も高価になる傾向があります。年会費は無料のほうが得のように感じますが、発生する年会費よりも付加価値による恩恵が大きのであれば、年会費の支払いは価値あるものといえるでしょう。また、年に一度もカードを利用していなくても、年会費無料のクレジットカード以外は必ず発生します。

リボ払い・分割払い

それぞれ利用代金を数回に渡って支払いますが、支払回数が多ければ多いほど、利子としての請求が大きくなります。

外貨換算手数料

クレジットカードを海外で利用した時に手数料が発生します。換算日の交換レートに為替処理などの事務手数料をプラスして円に換算されます。現金での両替よりも換算レートが良いことがあり、海外での買い物はカードを利用したほうが得ということになります。

国際取引手数料

海外での利用において、カード会社へ支払う事務手数料とも言える手数料です。「外貨換算手数料」と同様にカード会社によって異なるため、海外での利用を検討しているのであれば、カード選びの際に比較要素として考慮したほうがよいでしょう。

キャッシング手数料

クレジットカードは支払い機能以外にもキャッシング機能があります。これは現金を借りることができる機能ですが、利用の際には手数料が発生します。借入や返済、振り込みキャッシング、ATMなど全てにおいて数百円発生しますが、一部のクレジットカードにおいて特定の利用方法であれば手数料が発生しないという場合もあります。

遅延損害金

クレジットカードの利用残高から生じるもので、カード会社が定めた返済日までに請求金額を全額支払うことができなかった場合に発生します。請求通りに全額支払うことで利子の発生を防ぐことができますが、万が一、支払期日を守れない可能性があるのであれば、低金利のクレジットカードがおすすめです。

返金手数料

クレジットカードでの支払いに対しキャンセルした場合、基本的にはカードに対しての手数料は発生しません。しかし、飛行機やバスなどの交通機関での利用に対するキャンセルの場合、キャンセル料を請求されます。また、各サービス元でキャンセルや返金手数料を定めていることがあります。その場合、クレジットカードか現金に関わらず手数料が発生します。

クレジットカードを使用しても支払い期日までに全額支払い、年会費が発生しないカードなのであれば、カード会社へ手数料を支払う機会はあまりありません。どのカードを選択するかによって発生する手数料や金額が異なるため、契約の条件をよく読むことが大切です。例え最低限の手数料が発生したとしても、カードを最大限に活用することで、付帯サービスによるメリットが上回ることが多くなるでしょう。

他の記事を読む