クレジットカードのしらべ

クレジットカードの申請に必要なこと

クレジットカードは申請すればだれでも発行してもらえるわけではなく、発行会社が定めた審査に通った場合に発行してもらうことができます。このページでは、審査に通るために必要な申請条件についてまとめています。

クレジットカードの申請条件

原則としてクレジットカードの契約は、返済能力があるのかが最大の焦点です。クレジットカードの審査に通るためには、高校生を除いた18歳以上、かつ安定した収入があること、そして信用情報に事故記録がないことが申請の条件になります。
信用情報は、ローンやクレジットなどの金融取引においての支払状況や利用残高、過去の借金などの金融事故の情報が記録されています。申し込み時に他の債務を抱えているようであれば審査を通るのは限りなく難しいでしょう。

●大学生など学生の方の場合
アルバイトによる収入があっても安定していない、もしくは収入がなくても、学生を対象としたクレジットカードであれば審査に通ることができます。クレジットカードの種類にもよりますが、申込の際には親権者が審査の対象となる場合もあります。

●専業主婦の方の場合
収入がない専業主婦の方の場合のもクレジットカードによっては申込は可能です。収入など審査の対象となるのは配偶者の情報となります。

●定年退職した年金受給者の場合
既に定年退職した年金受給者の場合でも発行してもらえます。このケースの場合、受給している年金が収入と見なされ審査が行われます。

クレジットカードの申込方法

クレジットカードの発行手続きは、オンラインでの申込、または銀行やカード会社の支店、小売業者の専用窓口などで申請書に記入し、提出する方法があります。いずれの方法でも、収入証明や身分証明書などの書類の提出が必要であり、カード会社が求める書類を用意する必要があります。

他の記事を読む