クレジットカードのしらべ

クレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードは決済を簡単済ますことができ、付帯サービスにより恩恵を受けることができる大変便利なものですが、人によっては恩恵を受けにくい場合もあるでしょう。クレジットカードを所持することでメリットがある反面、デメリットとなる場合もあるため、それらを理解し検討しましょう。

クレジットカードのメリット

クレジットカードはその国際ブランドの加盟店であれば、カード一枚で支払いを済ませることができます。そのため、多くのお金を持ち歩く必要がなく、ATMから引き出すための手数料を省くことができたり、現金を落としてしまうというリスクを無くすことができます。クレジットカードで利用した金額は、カード会社が定める決済日に請求分全額支払うことで、別途手数料を必要とせず、その後も使い続けることができます。

また、クレジットカードによっては購入した商品の破損など補償してくれるショッピング保険や、レンタカー保険、不正利用に対する保険、スポーツ保険など様々な付帯サービスが用意されているカードもあります。

さらに、クレジットカードでの支払い金額に応じて、提携企業や団体などからはポイントやマイル、キャッシュバックなどが還元されるため、現金払いでは得られない利益を受け取ることができます。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードは多くの利点に加えて、利用上の注意点もあります。

クレジットカードはショッピング枠やキャッシング枠に関わらず、定められた期日に決められた金額を支払うのであれば、何ら問題はありません。しかし万が一支払いが遅れた場合には、遅延損害金が発生しますが、これは非常に高い年率となります。また、信用情報にも悪影響を及ぼします。約束の支払日は常に把握し計画的に利用することをおすすめします。

また、ATMから現金を引き出せるキャッシング機能は、いざという時に大変便利なものですが、ATMから引き出した時点で手数料と利息が発生します。この利息は他のキャッシングと比べても非常に高く設定されています。また、利用した際には最低の支払額を毎月支払うことで返済可能ですが、支払いが長引く程、その分利息も多くなるため、本当に必要な時だけの利用にするよう心掛けましょう。

他の記事を読む