クレジットカードのしらべ

クレジットカードの詐欺被害を避けるための重要なポイント

クレジットカードを適切に使用することは、あなたの日常生活の大きな助けになります。 もちろん、これにはカード所有者がはカード会社が定めたルールを守ることを前提としています。有用な支払い手段として利用し続けるために、利用残高は期限内に返済し、キャッシングを利用しないように心がけましょう。
クレジットカードは現金を持たないため、盗難などにあっても直ぐに現金をなくすわけではなく、安全とも言われます。しかしクレジットカードには現金では起こりえないトラブルも実際存在するようです。ここではクレジットカードに関するトラブルを紹介しています。一般的にカード犯罪がなされた際、気が付くのは既に利用された後のため未然に防ぐことは難しいです。万が一の時に備え、直ぐに対応できるよう予備知識として把握しておきましょう。

POSデバイスによるトラブル

実店舗においてクレジットカードを利用した場合、専用のPOSデバイスにカードを通過させます。その際、カードを店員に預けることになりますが、POSデバイス以外のデバイスを通過していないか注意が必要です。

ATM利用時のトラブル

ATM利用時にカードが詰まって取り出せなくなってしまった場合、周りの人に助けを求めないようにしたほうがよいかもしれません。対処方法として最もよいのは、ATMを提供している会社やカード会社へ連絡することです。その際、カードが残されたATMから離れるのは危険です。

オンライン決済時のトラブル

オンラインショッピングの際は、信頼できるサイトを選択してください。現在のウイルス対策ソフトウェアによって保護されている、信頼できるデバイスでトランザクションを実行します。 ブラウザに入力するサイトのアドレスを入力することにより、そのようなリンクに隠された悪意のあるソフトウェアを防ぐことができます。

SMS、電子メール、ソーシャルメディア、または検索エンジンを介してリダイレクトされるWebサイトのURLアドレスがカード会社のものか確認し、証明書を確認してください。類似する悪意のあるサイトでは発行会社のロゴと名前が転用されており、あたかも本物であるかのように見せています。個人情報を入力する際には細心の注意を払うことが大切です。また、電子メールでは発行会社を名乗った偽メールも存在しています。メール本文に記載のURLが正式なものか不安な場合にはアクセスしないようにしましょう。

最後に、ソーシャルネットワーキングサイトを使用してセキュリティの重要な情報(カード情報、パスワード、携帯電話の確認コード、使い捨てパスワードなど)を取得しようとする詐欺師に注意してください。 誰かがインターネット上で紹介する人物であることを確認することは非常に難しいため、安全のために重要な情報を決して共有しないでください。

他の記事を読む