クレジットカードのしらべ

クレジットカードの利用残高は予定通りに返済しよう

クレジットカードを利用して買い物した場合、その費用はカード会社へ返還されなければなりません。カード会社は、支出期間と猶予期間を定義します。カード会社が定めた返済日までに全額を支払った場合、それに対する利息は発生しないため、計画的に利用することで無利息でローンを使い続けることができます。

クレジットカードを利用することで発生してしまう利息を避けるために以下のことに注意しましょう。
・クレジットカードでキャッシングを利用しない。
・期限前に利用額の全てを返済する。

日本においては、多くのクレジットカードの締め日と支払日は毎月定められた日となっています。また、支払方法は口座引落が一般的です。締め日で利用額が決まるため、利息の発生を防ぐために、余裕を持って引落口座に利用額を預けるよう習慣づけ、支払日間近に慌てて行動しないように注意しましょう。もし仮に返済できなかった場合、その未払いが全額返済されるまで利息が発生し続けます。これは今日、最も高価な消費者ローンの1つであるため、クレジットカードの主要な危険の1つです。

クレジットカードを適切に使用することは、あなたの日常生活の大きな助けになります。 もちろん、これにはカード所有者がはカード会社が定めたルールを守ることを前提としています。有用な支払い手段として利用し続けるために、利用残高は期限内に返済し、キャッシングを利用しないように心がけましょう。

また、クレジットカードの利用残高を常に把握しておくことも大切です。クレジットカードの利用残高を追跡するためには、いくつかの方法があります。カード会社はいつ、どこで購入したかを詳しく記載した明細書を定期的に登録住所へ送ります。この明細書の最後に、総負債額と返済額が記載されています。最も簡単な方法は、カード会社が発行したアカウントを利用してインターネット上から確認する方法です。これにより、常に現在の残高が表示され、使用した金額と返済額が正確に表示されます。

クレジットカードでの買い物では、全額を約束の期日までに返済することで利息が発生しません。つまり、利息を避けるためにはカードの利用残高を常に把握し、約束通りの期日に返済することです。

他の記事を読む