クレジットカードのしらべ

クレジットカードの返済を計画的に行うために何をすべきか

クレジットカードは、自由に使える限度額が予め決められています。そして使った分の利用残高はカード会社へ返済しなくてはなりません。クレジットカードは現金払いと異なり、同額の買い物をしても付帯価値によって恩恵を得ることができるため、大変魅力的なツールです。しかし、使い方を誤ると非常に深刻な状況に陥ることもあります。

キャッシング枠の利用は控える事

クレジットカードにはキャッシング枠が設けられているため、突然出費が発生した場合には、ATMより現金を借りることができます。しかし、ショッピング枠とは異なり、引き出した時点より利息が発生します。キャッシング枠の利息は、他のローンと比べて非常に高く設定されているため、利用し続けることは、利息の支払いという部分で、カード会社への支払いは、実際に使った費用よりも多くなってしまいます。このため、キャッシングの利用は最終的な手段として使うことをおすすめします。

また、キャッシング枠に限らず、支払期限が守れなかった場合には、高額な利息が発生してしまいます。返済が遅れてしまうことが慢性化すると返済不能になり、信用情報にもその旨が記録されてしまいます。この事態を根本的に避けるためには、カード会社への支払期日を守り、クレジットカードの役割としてネットショップや実店舗での支払いのみに限定し、キャッシング枠を気軽に利用しないよう心掛け、どうしても現金が必要な場合は、クレジットカードではなく個人ローンを利用しましょう。

計画的な利用で利用残高の返済日を守ること

クレジットカードの使用は、言ってしまえば「借用」のようなものです。返済を怠ると本来不要であった遅延損害金という利息の出費が必要になり、最終的な出費は現金での支払いよりも多くなってしまいます。これは完済されるまで発生し続けるため、これを避けるるために最も重要なのは、タイムリーな返済です。遅延損害金が発生するまでの猶予期間が終了するまでにカード会社に支払うべき最低額を支払わなければなりません。

他の記事を読む