クレジットカードのしらべ

マイルの基礎知識!クレカで陸マイラーになろう!

「マイル」は貯めることで航空券や座席のグレードを無料で交換してもらえるお得なポイント。
そんなマイルを獲得するために、一般的には飛行機を乗る必要がありますが、飛行機に乗らずしてもマイルを貯めることができます!

そんな風にマイルを貯める人のことを「陸マイラー」と呼びます。

このページでは「陸マイラー」としてマイルを貯めるために、マイルの基礎知識についてまとめています。

マイレージサービスって何?

マイレージサービスとは、飛行機で移動した距離に応じてポイントを得ることができる航空会社が行っているポイントプログラムのことを指します。マイレージサービスは世界中の航空会社で行われていますがが、各航空会社ごとのマイレージ会員になることで、その航空会社のマイレージサービスを受けることができるようになります。

マイルって何?

マイルは、マイレージサービスで付与されるポイントの単位です。

マイルは飛行機での移動距離に応じてポイントが加算される仕組みであり、「区間基本マイル×積算率」の計算式で求められます。

区間基本マイルは、IATA(国際航空運送協会)によって決定される「TPM(運賃計算に使用する区間距離)」か基準となっており、各航空会社ごとほぼ同じ数値で扱っているようです。積算率は、各航空会社ごとでさまざまですが、会員グレードや座席グレード、航空券の種類によって変動します。一般的に安い座席グレードや割引航空券を利用した場合には75%や50%など積算率が低くなります。

マイレージ会員になり飛行機で移動した際には、上記の計算式によって、マイルが獲得できるようになっているのです。

マイルでできること

マイルを貯めることで、無料航空券への交換や搭乗料金の割引、座席のグレードアップなど、航空会社に関連したサービスに交換することができます。無料の搭乗券に交換できれば、無料で空の旅が楽しめるため非常にお得ですよね。

また、航空会社がセレクトしたアイテムへの交換や電子マネーへの交換、さらに他社ポイントサービスへのポイント移行も可能な場合もあるなど、航空サービス以外のサービスへの活用も可能です。

マイルを貯めるために

マイルは、各航空会社のマイレージ会員になることで、飛行機での移動距離に比例して、航空券の種類や会員ランクなどに応じた分だけ獲得できます。

マイルは基本的には「区間基本マイル×積算率」の計算式で算出されますが、チケットの種類によって積算率が異なり、割引航空券や株主優待、ツアーの場合には、普通運賃やビジネスきっぷよりも低い積算率が設定されているため、同じ距離を搭乗しても常に同じマイルが得られるわけではありません。

しかしいずれにしても、航空券の種類や会員ランクに関わらず、長距離の区間を搭乗するほど多くのポイントを得ることができることは共通しています。

また、飛行機に乗らずして陸マイラーとして、航空会社が提携するクレジットカードを利用し、入会時などの特典や、クレジットカード独自のポイントからマイルへ移行させることで、マイルを獲得することも可能です。「陸マイラー」と呼びますが、クレジットカードを意識して利用することで、飛行機をあまり利用しない方でも効率よくマイルを貯めることができます。

マイルが貯まるクレジットカード!

他の記事を読む